おススメ漫画

【東京卍リベンジャーズ】主要キャラ髪型12選! 新章である高校編もちょこっと考察

2021年4月から始まったアニメ「東京卍リベンジャーズ」※略して【東卍】(トーマン)

マガジンで読んだことなかったのですが、評判が良かったので全く予備知識無しに鑑賞。

結果・・・

すごくおもしろい

少年マガジンといえば「湘南純愛組」「特攻の拓」「カメレオン」などなど伝説のヤンキー漫画を数多く排出していますが、長らく自分の琴線に触れる作品には出会えずにいました。

しかし、その長い時を経て久しぶりにこれぞ往年の少年マガジンを代表する「ヤンキー漫画」という作品に巡り会えました!!

そこで、早速全巻購入しすべて読破。そして、その後の少年マガジンも読み、速攻で連載まで追いついたところです。

作品の魅力の1つはキャラクターがかっこいい!
やはり、ヤンキー漫画はキャラクターが命です!!

また、作品のストーリーも秀逸!!

「東京卍リベンジャーズ」はタイムリープして未来を変える物語です。

若い人からするとタイムリープ物というと「シュタインズゲート」などになるのでしょうが、40代のおじさんの自分は見たことがないのでわかりません……。

そーいえば「シュタインズゲート」が好きすぎて「Pretender」という曲を作り大ヒットさせたOfficial髭男dism。東京卍リベンジャーズのアニメの主題歌を担当しているのはなんか関係あるのかな?

自分の知ってる限り、ギリギリ似ている作品を挙げるとするならば代紋〈エンブレム〉TAKE2

でも、阿久津は1回しか(厳密には2回?)タイムリープできなかったのに対し「東京卍リベンジャーズ」では何度もタイムリープが出来ます。

この何度もタイムリープできるというのがミソで、主要キャラクターが色々な未来の姿で登場するので一人のキャラクターでもたくさんのバリエーションで楽しめます!!

そこでこの作品の魅力であるキャラクター。しかもその中から
「専属のスタイリストでもいるのではないか?」

と思えるくらいかっこいい髪型に焦点をあてて紹介していきます。
※ここから先ネタバレを含みますのでご注意ください。

東京卍リベンジャーズを読むなら
↓  ↓  【DMMブックス】がお得!!  ↓  ↓

【DMMブックス】50%ポイント還元セール

※2021年8月26日15時まで

DMMブックスが再び50%ポイント還元セールを開催!!
↓  ↓  ↓

ポイント付与上限は無制限!!
購入金額50%分がDMMブックスで
使えるポイントで戻ってくる!

 

※詳しくは公式サイトへ

1.花垣武道(タケミチ)

まずは主人公の武道。

最初は冴えないレンタル店のアルバイト。髪型も普通です。

そこからタイムリープした武道。中学生になりリーゼントの金髪になります。

こちらは東京卍會の幹部になった未来の姿。

小悪党感がすごい・・・
そして最新高校生バージョンの武道

主人公ではありますが、あまりカッコ良い髪形はありませんでした…。

2.松野千冬

続いてタケミチの相棒である千冬

初登場は場地さんにマウントをとられフルボッコにされてるシーン。 もちろんセリフ無し(気を失ってる為)

しかし、それからあれよあれよと主要メンバーになっていき今ではタケミチの1番の相棒に。

人気も うなぎ登り でマイキーを凌ぐ勢いです。

そんな千冬の中学入学時

ツーブロックを上に上げリーゼントにしています。
続いて現在

東京卍會幹部 タケミチの付き人

黒髪もかっこいいですね

3.龍宮寺堅(ドラケン)

そして今や東京卍會の【良心】ドラケン
通常時

レアな黒髪バージョン

死刑囚バージョン(ただのスキンヘッド)

ちなみにドラケンと同時期に三ツ谷が同じく頭にタトゥーを入れており、デザインが被ってしまったことがあります。

マイキーと袂を分かつこととなった新章ではどのような活躍を見せてくれるのでしょう?

4.馬地圭介

初登場時、颯爽と現れタケミチを殴ってさりげなく窮地を救いますが、自分的には他のキャラクターと比べると「ちょっとパッとしないキャラだな~」と初見では思いました。

しかし、いち早く稀咲のたくらみに気づき、誰にも相談することなく敵地に潜入し、最後は刺されて致命傷を負っているにも拘わらず「50人VS馬地」という圧倒的不利な状況を一瞬で覆し稀咲の首をとりに行ったところはヤバかった・・・。

今では伝説的キャラと成りあがった馬地さん。しかし、読み切りではちょっとアホで中学を留年していることが判明。

ちょっぴり頭が悪くて、動物的カンの鋭い馬地さんの中学時代

がり勉スタイルはコチラ

千冬はこの馬地さんに漢字を教えてあげたのがキッカケで知り合うことになります。

通常時

幼い頃マイキーのじいちゃんの道場に通っており、真一郎にすじが良いとほめられていたが、そんな馬地からしてもマイキーは別格だったようです。

5.羽宮一虎

マイキーの兄と馬地さんを殺めた一虎。見た目は爽やかなイケメンですが内面はかなり屈折しているようです。

馬地さんとの一件後、マイキーに許され涙する場面も。

中学時代の一虎

通常

よくよく見てみると、目がイっちゃってる気がしますね・・・

最後に出所後の一虎feat. 馬地さんバージョン

何か目が優しくなった気が・・・

新章では多分収監中なので出て来ないと思われます。
(梵天が出てくる10回目のタイムリープでは一虎が「約10年・・・」と刑務所に入っていたことをうかがわせるセリフがあります)

しかし、もしかしたら馬地さんは最後自らを刺して死んだので傷害致死から傷害罪に罪が格下げになっているかも・・・ であれば出てくる可能性もゼロではないかも?

 

6.佐野万次郎(マイキー)

「東京卍リベンジャーズ」の第二の主人公とも言っていい程の、物語の中心人物。

当初は稀咲に操られて悪いことをしているのではないか?と思われていましたが、徐々に黒い部分が明らかに・・・

ついにはタケミチにまで手をかけてしまいます。

タイムリープのトリガーとなった新章では「関東卍會」を立ち上げているようですが、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

そんなマイキー。タケミチが変えた数々の未来で様々な髪形を披露してくれているので紹介していきます。

普段はちょっと長めの金髪のてっぺんをハーフアップしている

闇落ち寸前のマイキー。ちょっと目がヤバくなっています。

東卍幹部の八戒を殺める時のマイキー。 黒髪ロン毛で、目はもう完全に出来上がってます・・・

前下がりグラデーションボブのマイキー。 個人的にはこの髪型が一番好きです

最後に「梵天」のマイキー。 ツーブロックで前下がりの白髪。首にはイザナのピアスと同じ柄のタトゥーがあります。

さらに病んでる印象ですね。 この直後タケミチを殺し、自分も死のうとします。

新章では自分がトリガーとなったことで、タケミチがタイムリープしてきたことが分かったような描写がありました。

「東京卍會」を解散後「関東卍會」を立ち上げた理由とは?黒い衝動とは?今後のどのようにタケミチと絡んでいくのでしょうか?

7.柴八戒

モデル体型の柴八戒。
出来そうな見た目とは裏腹に、末っ子らしく愛されキャラ

新章の高校生編では「全体的に見掛け倒しだよな~」と言われていますww

通常時はボーズ頭に唐草模様のラインを入っており 結構おしゃれです。

別の未来では「東卍幹部」だったが、恰幅が良くなった半面、性格が悪そうに・・・

そして、最新の高校生バージョン。

タケミチの同級生としてどのように活躍するのか楽しみです。

8.半間修二

愛美愛主(メビウス)”仮”総長→芭流覇羅(バルハラ)副総長→東京卍會陸番隊隊長→天竺幹部
稀咲と共に色々なチームを渡り歩いており、現在は関東事変で黒川イザナ・エマを殺害した稀咲の共犯者として警察に追われています。

そんな半間が「歌舞伎町の【死神】」と呼ばれていた頃。両サイド刈上げてツートンカラーの真ん中を上げてます。

東京卍會幹部の半間。インテリヤクザのように眼鏡をかけています。

稀咲の死を前に涙する半間。

生前稀咲が半間に訊ねた「なんでオレについてくる?」に
「オマエが死んだら教えてやるよ」
と答えた半間。

約束通り稀咲の墓前で話始めます。

「さて 語り明かそうか稀咲ィ   ”死神と道化”について

半間は基本的に稀咲の相棒(刀)として行動していたので、いまいち本人の目的がはっきりしていません。

稀咲が死んだ今、半間の本当にやりたいことも見えてくるかもしれません。

また、これだけ主要人物であるにもかかわらず未だに単語本の表紙を飾ったことがないので見せ場はこれからのはずです!!

追記:早速表紙になっちゃいました・・・

でも半間は大好きなキャラクターなので、第205話「The picaresque」が終わりではなく、始まりであることを願ってます。
※picaresqueは悪者小説という意味です。

9.九井一(ココ)

必ずマイキーが作る未来の犯罪組織の中枢にいる九井一こと【ココ】

重用される理由は「金を作る天才」だから。

しかし、その才能はココの隣にいる乾のお姉さんを瀕死の状態から助け出すために一生懸命に努力して得た能力。

しかし、その乾のお姉さんも死んでしまいココの守る対象はお姉さん⇒乾へと変わる。(BL要素・・・)

その後のココは乾の野望の協力をする為に「 黒龍(ブラックドラゴン)」に入り、乾を守るために「天竺」入りを決意します。

通常時のココ

常に乾の為に行動してきたココですが、未来ではココだけ幹部になり乾がそばにいません。
乾を守るために遠ざけたのか?それとも他に理由はあるのか?
※新章で乾はドラケンと共にバイク屋で働いてます。

いずれにせよ、今まで自分の為ではなく一貫して人の為に行動してきたココが新章でどのように動くのか?

ちなみに新章ではマイキーが新たに立ち上げた「関東卍會」に所属しています。

梵天のココ サイドの刈込の所にタトゥーがあります。

個人的にはココのサンダルに注目してます。

10.三途春千代

いきなり梵天のナンバー2として登場した「三途春千代

誰だっけ?

となったのは自分だけではないはず・・・

その正体は東京卍會 伍番隊 副隊長

ムーチョこと伍番隊 隊長の武藤泰宏に預けられた三途。

関東事変ではマイキーを裏切る武藤に三途はついていきました。

しかし、関東事変で現場に残り鑑別所に入っていた武藤を三途は迎えに行き、決戦の地となった第三埠頭まで連れて行くといきなり
「この裏切り者が!!!!」
と言い、武藤の上体を日本刀でバッテンに斬りつけ殺害。

これがマイキーの指示によるものか?はたまた三途の私怨なのかは不明ですが、何のためらいもなく殺人を犯すことができる三途は今後 要注意人物です

11.鶴蝶

幼少期、事故により両親を失い自身も大きな傷を負う。

その後孤児院で黒川イザナと出会い、イザナに仕えることに。

その実力は天竺四天王の中でも突出しており、他の四天王である灰谷兄弟・望月を一発で仕留めたソウヤを一発で倒すなどボスキャラを除くと最強クラスの実力を持つ

また、タケミチと幼馴染でもあり「黒川イザナを救ってくれ」と言ったり、敵であるタケミチが傷つくのを人一倍心配したりと完全な悪役にはなれない善人。

天竺編の鶴蝶は幼少期にコンプレックスであったであろう傷を前面に出すスタイル。

その傷が逆にアクセントとなり迫力が増しています。

一方未来の鶴蝶。

傷などもう気にしてさえいないようで、サラサラヘアーを伸ばしイケメンキャラになってます。

個人的には一番好きなキャラである鶴蝶。

気になるのは、黒龍との「聖夜決戦」後に行った未来でタケミチと直人を銃で殺害していますが、無慈悲に殺したと思わせながら

即死しないようにしてタケミチが過去に戻れるように気を遣ったようにも見えます

新章では寺野南(テラノサウス)率いる「六波羅単代(ろくはらたんだい)」に所属しているようで、今後どのようにマイキーと関わってくるのか楽しみです。

※ちなみに「六波羅単代」の語源と思われる「六波羅探題」を調べてみると鎌倉幕府の職名で北方・南方の2名の選出されていたようです。
南方は名前からすると総代である「寺野南」のことでしょうが、北方に当たる人物は現れるのでしょうか?
さらに「六波羅探題」では南方より北方の方が上席(えらい)だったようです。

寺野南がマガジン誌上で登場しましたが、どうも鶴蝶がついていくに足りる人物には見えない・・・

12.灰谷兄弟

東京卍リベンジャーズのおしゃれ番長こと灰谷兄弟
(兄:蘭 弟:竜胆)

残虐非道なふるまいの陰に隠し切れないセンス。


決して普通の人はまねしないでください

そんな灰谷兄弟が殺人の罪で少年院にいた時のボーズ姿。

この時に黒川イザナに忠誠を誓っており、破天荒なふるまいをしていますが実力者には従うようです。

未来で梵天幹部をしている灰谷兄弟。

2人とも喉に一度忠誠を誓った黒川イザナのピアスの入れ墨をしています。

新章では鶴蝶と同じく「六波羅単代」に所属しており、今後の活躍が楽しみです。

追記:「六波羅単代」でも二人だけ特攻服の色が違う・・・

新章の見どころ

新章では

  • マイキー率いる「関東卍會」
  • 寺野南率いる「六波羅単代」
  • 瓦城千咒率いる「梵」

の三天と称される勢力の争いになるようです。
⇒梵(ブラフマン)についての考察

梵天メンバー

未来の梵天でのナンバー2である三途ココが「関東卍會」

ナンバー3、および幹部である鶴蝶、灰谷兄弟、望月が「六波羅単代」(班目も一応所属)

梵天 相談役として登場した謎の人物 明司 武臣が「梵」

と将来の幹部であるメンバーが三天にそれぞれ籍をおいていますので、このメンバーがどのようにして「梵天」として集まるのか?

黒川イザナのピアスと同じ入れ墨を梵天幹部がいれているのはなぜか?
(うなじ・のど・こめかみ・心臓・腕)

以前大きな組織を作るうえで必要なのは、「カリスマ」「財力」「知力」と言われていて

「カリスマ」⇒マイキー
「財力」  ⇒ココ
「知力」  ⇒稀咲

でしたが、稀咲が死亡している今、その「知力」の座には相談役の明司がついていると思われるので、謎の人物 明司 武臣 にも注目です。

追記:三天のうちの梵(ブラフマン)に所属しており、元黒龍の創設メンバーでした。

元天竺メンバーの動向

元天竺の四天王である 鶴蝶・灰谷兄弟・望月・班目が、新章での新組織である「六波羅単代」に所属していることが判明しています。

黒川イザナによってつながっていたメンバーが、なぜイザナがいなくなった今も一緒にいるのか? 個人的にはイザナの代わりが「寺野南」というのはどうもしっくりこないので他の黒幕がいそうな気がします。

⇒六波羅単代についての考察

マイキーとタケミチ

タイムリープのカギとなったマイキー。

しかし、過去を変えたいと協力的だった直人の時とは違い、何度もタイムリープするのは難しそう。

また、直人の時は「日向を助ける」ことが目的でやることがはっきりしていたが、今回は「マイキーを助ける」と言ってもどのように助けるのかはわからないまま・・・

マイキーにとっての救済とは何なのか? 黒い衝動とは? これだけ出ているにもかかわらず謎が多い「マイキーの闇」の全容がわかるのか?

今後の展開が楽しみです。
⇒マイキー家のおさらい

 

東京卍リベンジャーズを読むなら
↓  ↓  【DMMブックス】がお得!!  ↓  ↓

【DMMブックス】50%ポイント還元セール

※2021年8月26日15時まで

DMMブックスが再び50%ポイント還元セールを開催!!
↓  ↓  ↓

ポイント付与上限は無制限!!
購入金額50%分がDMMブックスで
使えるポイントで戻ってくる!

 

※詳しくは公式サイトへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。