アニメ

アニメ【魔入りました入間くん】第18話 「心から望むもの」ネタバレ

アニメ【魔入りました入間くん】20話

17話では、キリヲの作ったバリアに翻弄されがらも犯人の目星をつけ、解決に当たるカルエゴ含む教師たち。バリアが張り巡らされた校舎内を、アリス、クララの協力によってバリアをかいくぐり、「キリヲの隠し部屋」にたどり着いた入間。

果たして、入間くんはキリヲに会って何をするつもりなのか?

微妙に気になっていた、キリヲの左のツノが短い謎も今回わかります。

アニメ【魔入りました入間くん】20話
アニメ【魔入りました入間くん】第17話「走れ入間、キリヲのもとへ!」ネタバレアニメ【魔入りました入間くん】16話では、キリヲが13冠の一人、雷皇であり元祖帰りのバールと手を組んで、悪魔学校バビルスを破壊する計画を...
アニメ【魔入りました入間くん】20話
アニメ【魔入りました入間くん】第19話 「全部拾いたい/家族との時間」ネタバレ第18話では、アリス、クララの協力のもと、たどり着いた「キリヲの隠し部屋」。そこで入間は初めてキリヲが悪魔学校バビルスを爆破しようとして...

\魔入りました入間くん観るならおススメ/

動画配信サービス 配信 お試し期間
U-NEXT 見放題
31日無料
今すぐ見る
魔入りました入間くん無料視聴の方法

①U-NEXTの31日間無料体験に登録
②「魔入りました 入間くん」の見放題を視聴
③他の作品も見放題

\U-NEXTは31日間無料お試し/
今すぐ「魔入りました 入間くん」を視聴する

U-NEXTの31日間無料お試しに登録する

31日以内に解約すれば無料

「魔入りました 入間くん」見逃し動画を無料で視聴する方法

「魔入りました入間くん」を最初から観たい方に朗報です。今なら無料で第1話から今までの話を全て無料で見る方法があります。

それは動画配信サービスの無料お試し期間を利用することです。

アニチューブやひまわり動画など無料で見れるサイトはいくつかありますが、ウィルス感染や低画質、さらにポップアップ広告等、面倒なうえに危険です。

しかし、動画配信サービスでは安心、安全に、しかも高画質で動画を楽しむことができます。

そこで、今現在「魔入りました入間くん」を第一話から見れる動画配信サービスをご紹介します。

動画配信サービス 配信 お試し期間
U-NEXT 見放題
31日無料
今すぐ見る
見放題
31日無料
今すぐ見る
hulu 見放題
2週間無料
今すぐ見る

おススメは「U-NEXT」ですが、アニメのみ見たいという方は「dアニメストア」もおススメです。両方アニメ数が3,000以上と充実しているので見たい作品がきっと見つかります。

一方「hulu」はアニメ数が1,000未満と「U-NEXT」「dアニメストア」と比べると見劣りします。が「hulu」は日本テレビのドラマのスピンオフ作品が多数あり、2020年1月期のドラマですと「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」のスピンオフ作品なども見放題で、アニメ以外にもドラマを見たい方にはおススメです。

魔入りました入間くん無料視聴の方法

①U-NEXTの31日間無料体験に登録
②「魔入りました 入間くん」の見放題を視聴
③他の作品も見放題

\U-NEXTは31日間無料お試し/
今すぐ「魔入りました 入間くん」を視聴する

U-NEXTの31日間無料お試しに登録する

31日以内に解約すれば無料

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の情報は各サイトにてご確認ください。

アニメ【魔入りました入間くん】18話ネタバレ

入間が隠しボタンを押すと、「キリヲの隠し部屋」が姿を現します。早速入ろうとするとバリアが張ってあり中に入れない。

入間がキリヲに呼びかけると、突然バリアが解け入間は部屋に正面から倒れ込みます。

キリヲの隠し部屋

「やっ 歓迎するで入間くん」

キリヲは満面の笑みで入間を迎え入れます。

入間は聞きたかったことを次々と質問していきます。

入間:その格好は・・・

キリヲ:祭りやし 気合入れよかなと しかしここまでたどり着くなんてすごいなぁ君は

入間:学校中にバリアが・・・あれって・・・先輩のバリアですよね?

キリヲ:せやね サプライズイベントて言われてて笑ったわぁ

入間:花火を持っていったのも先輩なんですね

キリヲ:せやね

入間:じゃあ・・・

花火(それ)をどうするつもりですか

入間がそれと言った花火はガブ子(学校ぶっ壊す)さんによって、さらにパワーアップしているように見えます。

入間の問いにキリヲは微笑んで
「爆発させるんよ  学校をぶっ壊すために」

入間はキリヲの答えに戸惑いつつ、なぜそんなことをするのか尋ねると、キリヲは生まれた時の話を始めます。

キリヲの過去

キリヲの家系「アミィ」は「鉄の防壁」と言われる魔界でも有数の名家。魔力保有量も魔界でも指折りのはずだったが、キリヲは幼いころから魔力が少なく、強制的に「悪童の園」に入れられた。※悪童の園→幼少の悪魔を徹底管理し育成する矯正教育初等学校

家でも園でも魔力が少ないせいで疎まれていたキリヲでしたが、唯一笑いかけてくれる女の子がいました。

ある日、キリヲはバリアの能力を女の子に披露します。女の子は「すごい!」と褒めてくれますが、気を抜くと割れてしまうからとキリヲは自信なさげ・・・

そんなキリヲに女の子は一生懸命いいところを伝えます。

「ツノの形もキレイだし・・・あとおっとりしてる!」

・・・あんまり思いつかないようです。

女の子は話題を変えて自分の耳飾りをキリヲに見せます。

その耳飾りはおばあちゃんの形見で女の子の宝物でした。

悪童の園

「やめて!! 返して!」

キリヲと女の子が押さえつけられ、耳飾りが悪そうなやつらにとられています。

「雑魚が強者に逆らうなよ 魔力テスト ビリとブービーが」

雑魚と言われ憤った女の子が反論すると、癇に障った相手が耳飾りを崖の下に放り投げます。

とっさにキリヲはバリアを出して耳飾りを受け止めます。

その様子を見て安堵の表情を浮かべる女の子。しかし、耳飾りをとってホッとしたキリヲは気を抜いてしまいました。

するとバリアは砕け、耳飾りは崖の底に飲み込まれていきます。

彼女は涙を流し、絶望の表情をしています。そして、その後 彼女は園を辞めてしまいました。

キリヲの隠し部屋

キリヲは過去を思い出し憤っています。

この弱肉強食の魔界で

理不尽な力に屈する彼女を見て・・・僕は実感した

あの表情(かお)が頭から離れへんのや

彼女の絶望した表情が・・・っ
何度も何度も頭に浮かぶ度に思うねんっ

入間はそんなキリヲを気遣い声をかけようとします

「先ぱ・・・っ」

「ああ もいっかい みたいなぁ」って

キリヲは恍惚の表情で、胸をおさえています。

キリヲは「悪童の園」に入れられる前から、周りが自分を失望の表情で見る度に胸がきゅっとしていた。この感情は何なのかその頃はわからなかったが、女の子が絶望する表情を見た時初めて気が付いた。
「誰かの絶望が僕にとっての生きがいなんよ」

キリヲの告白を聞き入間は

今になってはっきりと自覚した

ここは魔界で 僕は人間

そして
彼は悪魔だ

そんな入間の表情を見て恍惚の表情で
「ええ顔してるで 入間くん」

キリヲはその後の話を続けます。

兄さん(バール)との出会い

悪魔学校バビルスの魔具研に単身乗り込んだ幼いキリヲは、悪そうな面々を前に興奮気味。

そんなキリヲにイラついた一人が剣を突き付けます。しかしキリヲはその剣をなで、頬ずりをし

「これで何人斬りました? 斬った後は? 捨てた? なにかに使った? 興奮した?

そんな騒ぎに、寝ていたバールが出てきます。

バールの取り巻きが慌ててキリヲを外に連れ出そうとしますが
「僕・・・ 同類を探しに来たんです」

バールがキリヲの話を聞きます。

キリヲは耳飾りを落としてしまった女の子に、お詫びの印で左のツノをあげました。彼女が以前キレイだって褒めてくれたから。

しかし、彼女は「すごぉく 嫌な顔してた」みたいです。

そんな話をバールに嬉しそうにしていると
「待て それのどこがおかしいんだ」

バールはそれは「元祖返り」というもので、もともと悪魔とはそういうものであると。だから今の魔界は生温くって吐き気がするそうで

魔具研の同類どもと一緒に

この魔界を

元の混沌(カオス)に戻そうと思う

バールの野望に同感したキリヲは、バールからモノや知識を与えてもらい、キリヲがバビルスの入学したころ

「魔界の秩序である 位階(ランク)を消すぞ キリヲ」

そして、位階(ランク)魔界の象徴であるバビルスを潰す話になり、今回の件に至ったようです。

キリヲの隠し部屋

キリヲはうつむいている入間にとどめの言葉を浴びせ続けます。

自分の作った花火で大事な友人であるアリスやクララ、他の生徒たちも爆発に巻き込まれる。そんな様子をバリアに閉じ込めて一緒に観よう、恨んでもいい、殴ってもいいと

怯えろ

恐ろしさに 震えて震えて

失意に沈め 見せてくれ君の
絶望の顔を

入間くんは”きょとん”としています。

キリヲは絶望しない入間に驚いていますが、そんなキリヲをしり目にいそいそと箱を積み上げて足場を作っていきます。

キリヲはあせって「学校爆破するんよ?君の大事なもんはなくなる!跡形もなく!君の作ったモンによって!」

キリヲ:こんだけのことつきつけられて! なんで絶望せぇへんの!?

入間:だって 絶望しても いいことないじゃないですか

入間は笑顔で答えます。

そこで、キリヲは初めて気が付きます。キリヲは今まで入間を自分と似ていると思っていた。大人しく、防御に長け、野心もある。しかし、絶望をさせたい自分にとって、絶望に慣れている入間は、まさしく天敵であったことに・・・

入間は足場にした箱を上り、「ガブ子さん」から花火を取り外します。

僕はいままでずっと危険を避けてきた・・・

でも魔界に来て挑戦することを学びました

だから先輩が”悪”でも逃げない

絶望もしない!

あなたの野望を・・・
ぶち破ります!

 

ガブ子(学校ぶっ壊す)さんから花火を外し、キリヲの野望をぶち破ると宣言した入間。

しかし、キリヲは無理だから花火を返すよう促します。花火は本祭開始の鐘と同時に爆発するので、タイミング合わせて花火を中央広場に面した窓から放り込んで、すぐにその窓にバリアを張って入間と見物したいようです。

入間は

言ったでしょう・・・先輩

僕は絶望しない

先輩の期待には応えられません

僕は、みんなが傷つくのも嫌だし
それに僕らの花火が使われるのも嫌だし
この花火をちゃんと見てもらえないのも嫌だ・・・ だから

 

全部拾いたい

僕は全部を諦めない

そこで、本祭の始まりを告げる鐘が鳴るまでのカウントダウンが始まった。

残り30秒

入間は一直線に窓にむかって走り、窓から校舎を飛び出し宙を舞います。

そして、「悪食の指輪」を魔神(イフリート)モードに切り替え、上空に向かって花火を打ち上げようと呪文を唱えます。※魔人モードは3段階中最強 1「小悪魔(デビル)」2「悪魔(デーモン)」3「魔人(イフリート)」の順番。

リ ベーラ!!

呪文によって白い竜が出現し、花火を中央広場上空へとすごい勢いで運んでいく。

しかし、見えないバリアによって花火の進行がストップしてしまいます。

その様子を冷めた目つきで観察するキリヲ

せやから阿保やて言うたんや

この日のために

「みんなの絶望する表情(かお)をみる」

その瞬間のために

長年かけて作った最高のバリアなんや

理事長(サリバン)並みの魔力がなければ

僕のバリアは破られんわ!!

それを聞いた入間はニヤリと笑います。

「ごめん おじいちゃん 約束破るね」

 

パン ドルーラ

 

先ほどまで白かった竜が、禍々しい黒に変わり、パワーアップした竜がさらに花火をバリアに押し付けます。

爆発を誘引する本祭の鐘が鳴るまであと数秒。

すると、徐々に外殻のバリアにひびが入ってきて、ついにはバリアが砕け散り上空高く花火が舞い上がります。

 

ドパアァーン

 

学校のはるか上空で、鐘と同時に花火が開きます。 その花火を中央広場にいる生徒たちは見て、驚き、みんな笑顔になっています。

中央広場上空

力を使い果たした入間は、キリヲのバリアによって落下を免れていました。

キリヲはみんな笑顔になってしまっていると悔しがっています。そして寝ている入間に向かって罵声を浴びせます。

入間くんのあんぽんたん!

アホッ!!

気持ちよさそうに寝よってこの!

着地のこととか考えてないんか!

アホ!

アホーッ!!

なに ほんまに全部拾っとんねん

阿保ぅ・・・

そして空を仰ぎ

完敗やわ

入間くん・・・君のほうが よっぽど野心家や

入間は満足げな顔をしてキリヲの横で寝ています。

※「パンドルーラ」は指輪の中のサリバンの魔力をすべて使いきってしまう必殺技。サリバン(おじいちゃん)からは緊急時に使用するよう言われていた。

悪魔学校バビルスの生徒たち、先生、オペラ、さらにバールまで入間の打ち上げた花火を見ています。

そして、その花火は綺麗に散って上空で飛散するかと思われましたが、ガブ子さんによってパワーアップされ過ぎたのか、火の粉が火の玉となってバビルスに降り注ごうとしています。

 

第18話「心から望むもの」は2月1日(土)放送予定です。

アニメ【魔入りました入間くん】20話
アニメ【魔入りました入間くん】第19話 「全部拾いたい/家族との時間」ネタバレ第18話では、アリス、クララの協力のもと、たどり着いた「キリヲの隠し部屋」。そこで入間は初めてキリヲが悪魔学校バビルスを爆破しようとして...

第1話から【魔入りました入間くん】を無料で観るなら

\魔入りました入間くん観るならおススメ/

動画配信サービス 配信 お試し期間
U-NEXT 見放題
31日無料
今すぐ見る
魔入りました入間くん無料視聴の方法

①U-NEXTの31日間無料体験に登録
②「魔入りました 入間くん」の見放題を視聴
③他の作品も見放題

\U-NEXTは31日間無料お試し/
今すぐ「魔入りました 入間くん」を視聴する

U-NEXTの31日間無料お試しに登録する

31日以内に解約すれば無料

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。